スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンダーフェスティバル2015 冬

ひさびさにいったので写真おいておきますね

ワンダーフェスティバル2015 冬

グリフォンのローゼンがほそぼそと再販と新作を出そうとしていてローゼン厨としては非常に楽しみです。
あとやっぱ艦これかーっていう感じでした。

スポンサーサイト

ワンダーフェスティバル 2010夏 レポ

 レポと銘打っていますが写真のみです。目についた造形物を撮っていますが、すべてを網羅していません。

 写真はこちらからぞうぞ。

 Canonの赤リング、100mm F2.8Lマクロを持ち出しています。正直使いどころを間違えた感があります。まず、マクロで近接撮影しようとすると全身写りませんよね。ということは、別カットで全身とアップを撮っていくことになります。そして、その造形物の魅力を引き出す視点はいくつもあるでしょう。それも全て試しますよね。そういうことを、あの会場で一つずつ時間をかけて全てやれというのか、いやできない(反語 
 単焦点ですから、動きまわって構図を決める必要があります。しかし、会場は混雑していて撮影の順番待ちになっているようなこともざらですから、そんなことをやるわけにはいきません。ディスプレイは固定されていますから、好きな視点を勝手に設定することもできません。動きまわるのは前述の通り困難。
 もしかしてマクロは鬼門だったのか・・・。買って家でやれってことですかね。あるいはズームならまだ使い勝手はましでしょうか。難しいですね。
 あと、ストロボがあったほうがよいと感じます。会場は思っているより暗く、必要なSSを確保させるにはISOをかなり上げる必要がありました。ISO1600とかざら。まあ100mmであるせいもありますが。もちろんストロボを直接当てるのは強すぎますが、反射させる天井もないのでバウンスできません。よってディフーザー必須。つまり、それなりにしっかり撮ろうと思うと、見た目は結構大掛かりな装備になってしまうことでしょう。だからちょっと気合入った人はちゃんと機材を抱えているわけですね。今まではなんであんな大げさになんだろうと思っていましたが、自分でやってみて納得。

 東方ものが増えているようで私は嬉しく思います。グリフォンのてゐが可愛すぎて生きるのが辛い・・・。ところで、ガレージキットを売るディーラーさんって減ったんですか? そのかわり中古トイの取り扱いが増えたような気がします。

姫路城 小旅行

 神戸にいたときに、姫路城まで行ってみました。その時の写真をおいておきます。続きを読むからどうぞ。

»続きを読む

大阪 小散策

 5/5は大阪の方に行ってみたよ! みたよ! 旅行というほどでもないので、散歩とか散策とかその程度のものですが。続きをよむ、からどうぞ。

»続きを読む

京都 小旅行

 5/4、京都に行ってきました、日帰りで。一時間で京都にいけるって素敵です。京都といったら、何はなくとも寺社めぐり。最初は東山あたりをまわって、その後嵐山の方にいきました。続きを読む、からどうぞ。
»続きを読む

ワンダーフェスティバル2007winter レポ

 ワンフェス2007冬に参加してきました。私には製作技術がなくガレキには手を出せませんので、撮影だけで我慢。やってみるとこれはこれで結構楽しいですね。それにして撮影のために並ぶとは思いませんでした。
 ハルヒとローゼンがメイン。ご想像通り私の個人的趣味による選択です。撮影技術の未熟さとデザインの甘さ故、見づらかったり統一感がなかったりするかもしれませんがお許しを。



ムサシヤ ムサシヤ02
 左右ともにムサシヤ。薔薇水晶とオーベルテューレ版水銀燈。やわらかい銀様が見られるのはオーベルテューレだけ!


ムサシヤ03 ムサシヤ04
 左右ともにムサシヤ。翠星石。なにはなくとも翠星石。あと肌着の翠星石に胸キュンするのは私だけでいい


アトリエ彩 帝国外渉感官
 左がアトリエ彩の「1/6涼宮ハルヒ 生足ピンクバニー(PVC製塗装済み完成品)」。生足が見所なのにそれを撮らなかった私は団長に死刑にされるべきだと思う
 右は帝国外渉官の「シャーリー」。今回で最終とのこと。


saikorokyarameru サイコロキャラメル
 上下ともにBUBBA&サイコロキャラメル。みくるの尻はとてもけしからんえろさを含んでいるのでご注意を。そしてこの長門を見るために行ったのだと言っても過言でない(ぇ かわええ(*´д`*)


サイコロキャメル サイコロキャメル
 上下ともにBUBBA&サイコロキャラメル。「スペース長門」。電波を受信していそうでそしてへそ。うむ、これはいいへそだ。
 「翠星石と蒼星石」。トロイメントのOPの一場面だったような。手の絡み方が・・・、素敵やん?


ペーパームーン ペーパームーン02
 左右ともにペーパームーン。甲冑セイバーと私服セイバー。しかも普通のフィギアではなく、等身大の大きさ。置き場所に悩むのは間違いない。


シャイニングウィザード シャイニングウィザード
 左右ともにシャイニグウィザード@沢近。わかりづらいが、真紅は目を閉じている。おそらくトロイメントEDの眠るような様子のイメージ。
 水銀燈はオーベルテューレ版な気がする。手の合わせ方とその表情が銀様の優しさを垣間見せる。


10/11のアニメ会トークライブにおける赤松先生の発言をレポっぽく

 10/11日に新宿ロフトプラスワンでアニメ会のトークライブが行われました。

 18:30会場。19:30開始。23:40終了

 三部構成で一時間ごとに10分ほどの休憩が入ります。

 その第三部に赤松先生がゲストとしてやってきたのです。赤松先生の発言内容で公開してもよさそうなものを箇条書きでまとめておきました。
 本当は一言一句違わずにメモを取ろうと思っていたのですがさすがに断念。ご了承頂きたい


・本番前に楽屋で「私を知らない人がいるんじゃないか」と言っていた。
・本番直前まで楽屋で原稿を書いていた

・(アニメマンガに興味を持ったきっかけを問われて)セーラームーンが自分の原点、それまでは一般人だった
・(セーラームーンで好きなキャラは誰かと問われて)「キャラというより、カップリングですよね?」
・一番好きなカップリングは、まこあみ

・大学生の時、卒論を書きながら新人賞に応募するためのマンガを描き、編集者も目指して試験を受けた
・マンガが新人賞を通ったために、後の担当が編集者としては落させた

 ネギまについて
・(物語がいつまで続くのかいう話で)卒業式までは書くが、読者が望めばその限りではないかもしれない
・30人というキャラ数とその組み合わせも考えたら、半永久的に物語を続けることも(やるかどうかは別として)不可能ではない
・景太郎はマガジン的な主人公であったが、ネギはジャンプ的な主人公である
・先生自身が考えたキャラは千雨、彼女の好きなものなどは先生自身の好みが反映されている
・他のキャラはだいたいアシスタントが考えた。また、アシがこのキャラをもっと使って欲しいなどと言ってきた場合はなるべく希望を通す
・(上記に関して)「思い入れがないよりはあったほうがいいじゃないですか」
・しのぶなどを書いていて小さい子が好きだと思われているが、実は先生自身は熟女好き
・話も軽いラブコメなどよりはじとじとしたもののほうが好き
・ラブひなで五人のヒロインを出したが途中でネタが尽きてしまった。なら次は6倍で、ということになった
・現在、原稿は週8日で回している。よって5回やって1回休み
・通常は10回やって1回休み

・休日は温泉へ行く事が多い
・ラブひな執筆時に温泉へ全く取材をしに行っていない。代わりにアシスタントが行った

 入場時にはネギまコール、退場時には赤松コールで盛り上がりました。


 先生の日記や疾風怒濤などの対談でおっしゃっていることと同じ内容も見受けられました。それらなども参考にするとより赤松先生を知ることができるかと思われます

 尚、問題等あればコメントでお知らせください



 大手の個人ニュースサイト様に拾われたようで、たくさんの方が来ているようです。右柱の「コンテンツ」には色々読み物系をまとめてありますよー、と宣伝しておこう

5/5 WFHとコミティア行き感想 2006

 ふっと気が付いてみればあら不思議

国際展示場駅


 いつのまにか有明に!?

 ・・・うそです、ごめんなさい。WHFとコミティアの見物に行く気まんまんでした。レポっていうほどのものでもないのでかくありき。



 まずは買ったものー。

 ・・・うそです、ごめんなさい。実は何も買ってません。ほんとに見に行っただけです。


 たしか到着は12:30ぐらいだったのですが、WFHのカタログはすでに売り切れていました。変わりに500円で地図を配ってそれを入場券代わりにしていた模様。

 ぐるっと一回り。立体物は見てまわるだけでも楽しいですなー。

 そして・・・!

WFH2006suiginto


 ムサシヤさんの水銀燈イター。やっべめっちゃほしぃぃぃぃぃ。
 が、既に売り切れで買えない。つーか買っても作れない。そもそも道具を持っていない。華麗にそろった三重苦の前に打ちひしがれる私なのです。

 あれ・・・。仮面ライダー響鬼のイブキ役、渋江譲二さんのサイン会やってる! 最初は誰だかわからんかった



 その後はもそもそコミティアへ。ティアといえば創作オンリーの即売会ですね。こちらも私が行ったときはカタログは売り切れていて入場フリーになっていました。

 コミケと違ってまったりなムード。空気が多少落ち着いています。

 端っこのほうでは企業の出張所みたいなところがあって、原稿の持ち込みを受け付けてました。おもしろいことを思いついたものですね。

 それぞれ1ホールしか使っていませんから、それほど時間をかけることなく回り終わったのです。



 ~~~余談~~~
 帰りに月島でもんじゃ食べて帰ろうと思ったら、人が多いので一人での入店は断られた~。至極残念。

4/22 東京大学理学部第9回公開講演会 簡易まとめ

 昨日からの流れだと今日はななついろのことを書くだろうと思ってたお兄様方。甘いですわ! 私のその予想の斜め上を行ってあげましてよ!

 むしろいまだななついろはインストさえしていないなんてナイショ。



東京大学理学部第9回公開講演会「 理学研究のさまざまな面白さ」にいったので、内容をごく簡単にまとめ。


[加速器で解明する宇宙と素粒子の謎] (駒宮幸男 教授)
 陽子対陽子衝突のLHCにより質量の起源とされるヒッグス粒子、まだ仮説である超対称性の検証が期待されている。
 現在円形の加速器ではエネルギー効率の限界がきている。これからは技術的にはやや複雑な直線のリニアコライダーILCを用いることが注目されている。


[巨大天体衝突による環境擾乱と生物絶滅] (多田隆治 教授)
 「K/T境界事件」は1980に提唱されたアルバレツ父子による論文が元である。
 それ以来間接的な証拠が様々に挙げられた。K/T境界のイリジウム異常濃度、テクタイトの発見、ニッケルを含むスピネルの検出、衝撃変形石英の存在などである。
 またユカタン半島の地下にクレーターの跡が発見された。以上のことからK/T境界における巨大天体の衝突は事実と判明したのである。


[世界最高速の計算と通信を目指して] (平木敬 教授)
 計算機は本質的に処理速度、記憶領域の大きさ、通信速度の三点に還元され、計算機の万能性を証明する。すなわち、素粒子、化学、生物、医学と分野を選ばない活躍が可能ということである。
 現在8.8ギガビット/秒を30000kmの距離で実現し、2Pflopsの能力を持つ並列計算機を作りつつある。
 15年後には1Eflops,1Tbpsのネットワークが実現実現し、真の意味で人工知能開発に取り組める環境が整う。



 全然関係ないですが、平木教授の教壇より前に出て全身を見せなつつ手振りを交える話し方はとてもうまいと思いました。


 mixiではもう自分用にもうすこし突っ込んでまとめておこうかしら

3/5 まきまき3 簡易レポ

※3/6追記

 エレベーターの中で蒼星石と一緒になりました。こんばんは、あーべるとです。巻きますか?巻きませんか?3に行きました~。まずは戦利品をば


まきまき3戦利品

 買ったもの自体は意外と少なかったりするのです。



 イベントとかもあったのでその様子を簡単にお伝えしましょう。

 私が会場に入ったのは11:20頃でした。入ってすぐに目に付いたのは想像よりずっと多い人の数。行く前はオンリーイベントなんてこじんまりしたものなんだろと思っていました。でもそれは間違っていたようです。あるいはローゼンの人気いまだ衰えずということでしょうか。

 カタログを購入して、端からゆっくりまわっていきます。見渡す限りのローゼン本。どこへ行ってもローゼン本。こいつは素晴らしいであります! 来る前に色々とチェックしていたのですが全部ゆっくり見てまわればいいかと思い、あまり気にしませんでした。

 ゆっくり歩いていって、気になる本を手にとって、気に入ったら購入する。そうやって順次まわっていきました。ラクガキコーナーがあったので真紅みたいなものを書き書き。あーべるとの名も入れておきましたよ?


まきまき3ドール

 途中ドールが展示されているのを発見。以外と大きいので驚きました。

 全てまわり終えたのが12時過ぎ。意外と早く終わったのでレイヤーさんを眺めながらぼんやりしていたのです。


 そこへ突然「まきまき3お茶会イベントを開きます」のアナウンスが。そりゃ見るしかないよねと思い。設置されたステージへ。その内容は、文字通りお茶会を開くというものです。お茶を飲みたい人をその場で募り、お茶を入れる人もその場で選ぶ。方法は雛苺のコスをした司会とのジャンケン。

 選ばれた4人中に水銀燈のコスをした人が一人、入れる役に選ばれたのはラプラスのコスをした人です。

 このラプラスは漏電迷伝の裸+さんだと判明。なんか見たことあるような気がしたのはそのせいだったのですね。

 お茶とお菓子が用意され、お茶の入れ方そのものも入れる人に委ねられます。薔薇の花びらをトッピングに使い、茶葉もいいものが用意されているようです。


 最初に薔薇の花びらをカップにあしらう。そしていきなり茶葉をもカップに直接いれるラプラス。

 ちょwwおまwww

 しかし入れ方はその人の自由とされたので何も言えません。ラプラスが次に手にしたもの。それはアポロチョコレート。

 会場に突如沸き起こるアポロコール。ラプラスはそのままアポロをカップに投入。そして一言

 「このテーブルの上にあるものは全部入れるためにあるんじゃないの?」

 ちげぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇwwwwww

 さらにそのままカップへお湯を注ぐラプラス。一つ薔薇の花びらが大量に入ってしまったカップは皆の希望で銀様コスの人へ渡されました。乾杯の声で一成に四人はお茶を飲みます。

 感想を求められて曰く 「うーん・・・、アポロ湯?」

 そして大量の薔薇ごと飲んでいる銀様は 「薔薇の花びらがいい歯ごたえで」

 ラプラスは自ら入れたお茶を飲んで一言 「ひどい」

 そこでまたまた会場に沸き起こるいっきコール。ラプラスはちゃんと飲み干したのです。そしてここで皆にアンケート。次のお茶会イベントはおいしいお茶がいいですか、それともネタっぽいのがいいですか?

 ネタに手を挙げるひとがそこらじゅう。みんなネタが大好きなようです。最後に次のお茶会イベントは14時からと告知して一旦終了しました。



 続けてコスプレコンテストが行われます。時刻は12:30。出場は10組のレイヤーさんたち。一組は着ぐるみさん達でした。ここらへんは写真のほうがいいと思うので私は書きません。ちなみに終了したのは13:05頃でした。
 さらに続けて行われるいちごのスパゲティーの準備に入ることを告知して、一旦解散となりました。



 私はここで昼食をとりに外へ。浅草寺のほうへ歩いていって屋台で何か買おうと思ったのです。少し歩くと人だかりを発見。何かと思えば猿回しをしているようです。猿の名はどうやら陸というらしい。ま、私は飯のほうが優先ですが。さらに進むと広島風お好み焼きの屋台を発見。早速購入し、おいしくいただきました。



 そろそろいちごのスパゲティーが始まっているはずと思い戻ってみると、ステージには男性一人と翠星石(着ぐるみ)が。

 ・・・いや、あんた食べられへんやろ

 やはりというか翠星石は(着ぐるみ)は翠星石(コスプレ)にチェンジ。さらにどうやら調理器具にトラブルがあったらしく進行が中断していたようです。

 しばらくし復帰してから調理されるスパゲティー。イチゴジャムと生クリームで和えてアポロをトッピング。調理中に司会の雛苺が言うとことには、「このイチゴプリンも使いましょう」 ここで主催者が飲み物を用意。午後の紅茶ミルク+イチゴオレ+乳酸菌(ヤクルト)のミックスジュース

 うわぁ・・・

 完成となり、まきまき準備会の金糸雀コスの人がまず試食。

 「今まで食べたことのない味」

 そしていちごづくしが振舞われます。でも司会の雛苺がいうことには「いがいとおいしい。生クリームとジャムが合う」



 この頃にはすでに14時を迎えようとしていました。時間なので主催者の挨拶により即売会は終了。しかしイベントはこのまま続くのです。

 同時に次のお茶会のメンバーを募集。方法はまたもや雛苺とのジャンケン。選ばれたのは三名です。そこに先のお茶会をネタにした責任をとりさっきのラプラスが加わります。

 今度のお茶入れの人。ポットを使ったのはいいですが、一缶まるまる投げ込みます。そこへお湯を流し込み、直接カップへ注ぎ込む。

 葉がw葉がw

 さらにまたしてもアポロ投入。今回はジンギスカンキャラメルも投入されます。完成し振舞われるお茶を飲む面々。

 感想を求められて 「まあまあ」

 雛苺は言います 「本音言っていいよー」

 次の人は 「まずいっすね」

 またジンギスカンキャラメルを持ち出した張本人は 「ジンギスカンキャラメルが足りない」



 ここで業を煮やした準備会側のラプラスコスの人。後頭部しっかり白く覆われ、顔には仮面。一切肌が見えていません。正しいお茶の入れ方を教えてくれるということになりました。


 [ラプラス流 正しいお茶の入れ方]

 1. ポットを暖める

 2. スプーンで茶葉を入れる (カップ一杯でスプーン山盛り一杯の茶葉)

 スプーンに並盛の茶葉をカップの数+1杯という言い方をすることもあるようです

 3.沸騰したてのお湯を注ぐ

 4.4.5分待つ(茶葉によって適正な時間がある模様)

 5.茶漉しを使ってカップに均等に注いでいく。


 こうして入れられたお茶が振舞われます。茶会メンバーは黙ってお茶を飲んでいます。ゆっくりと、噛み締めるように。ほんとにおいしいようです。

 その後雛苺がラプラスにお茶の入れ方のコツがあるかどうか聞きました。その答えは「ルールを守ること」 これでお茶会は終了となりました。


 アフターイベントもあると告知されました。内容はジャンケン大会とお昼にやったコスプレコンテストの結果発表。 しかしそろそろ私は疲れてきていたのでここで帰りました。15時頃のことです。


 というか冷静に考えるとこのこれらのイベントにローゼン全然関係ないですな。



 帰りは浅草寺でお参り。ついでにおみくじもひきました。

浅草寺おみくじ

 ・・・ふむ、吉ねぇ。


 仲見世通りをまったり見ながら帰ります。人形焼でも買ってかえろー。

雷門

 振り返れば雷門。


 まきまき3に関わった全ての皆様。今日はお疲れ様でした。


 しかし、帰ってきてから気が付きました。来る前にチェックして買おうと思ったものを買い忘てるぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!


 _| ̄|○