スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/26

 今日、夢を見ました。

 パチュリー・ノーレッジに片思いする私。でもこの想いを伝えるわけにはいかない。だってパチェは魔理沙が好きだから。

 そんな内容の夢。


 自分の頭は順調に壊れていっているようで、安心しました。

 というか、そんな言うほどパチェを好きなわけじゃないんですけど、、、なぜこんな夢を見たんだろう…。ま、このテーマで小説を書けという思し召しとでも思っておくことにしますよ。


スポンサーサイト

11/23

 コメントスパムが酷いのでコメント欄を閉じました。ありがたいコメントもたまにいただきますが、そうでないものが9割を超えてしましました。残念ですが、しばらくこれで様子を見たいと思います。
 コメント送りたいかたはウェブ拍手からどうぞ。また拍手の場合なら、なるべくレスをつけてみたいと思います。


・ガンダムVSガンダム
 一通り触りました。連ジとも連ザとも違ってなんかやりづらいですねぇ。ステキャンもないし、大雑把に撃ち合うゲームになった感じでしょうか。細かいスキルとか読み合いとかはどうなってるんでしょう。
 それに機体間の格差が激しすぎますね。バランスを崩すほどの突出した強さを持つ機体があるなんていただけません。まあ1,2機なら誤差の範囲とも思えますが、5機も6機もあるのはちょっと…。
 まあ貶めるようなことばかりいってもしょうがありません。基本的にアーケードの移植そのままのようです。アーケードモードとフリー対戦モードと通信対戦、そしてギャラリーモード。各種名前の通りです。
 通信対戦はアドホック通信に対応、最大4人でプレイが可能。ということは、kaiでつなげられます。kaiで通信プレイした感じですが、わりと残念といったところです。そこそこの通信量をやりとりして、60FPSで描画するのは無理があるようで、だいぶ遅くなります。FPSでいうと5~10くらいだと思います。なんとかゲームとしてなりたつぎりぎりかと。というわけで、通信対戦目当てで買う方はそこらへんを注意したほうがよさそうです。ただ、場合によっては違和感なくプレイできるような状態になることもあるようです。
 さて、私の持ち機ですが。ストライクが結構楽しいなぁと感じてます。換装でエールランチャーソードに変えてどの距離でも対応できるのがいいですよね。その分操作面倒ですが。CPU戦だとそれで十分なんですが、対人だとさすがに難しかったです。エールで動き回って、要所でソードの格闘を叩き込めるといい感じなのかなとは思います。
 ところで、PSPだと特殊格闘出しづらいですよね。みなさんどうしてるんでしょう。私は親指使った気合押しなんですれども。もっとやりやすい操作の仕方があれば是非教えてください。

11/19

 さあ、明日こそガンダムVSガンダムの発売日! 楽しみですね! 例によってxLinkのアリーナが用意されるでしょうが、出会った場合にはお手柔らかにお願いしますね。

・ネギま24巻読みました。
 ゆえあいしてる。クラスメイトのみんながどんどんたくましくなっていくのがなんとも楽しい展開ですね。ゆえあいしてる。
 ネギも順調に強くなっていって。少年漫画らしくなってきました。ネギまファンはバトル派とラブコメ派に分かれるそうですが、そんなん知らんがな。好きに読めばいいと思いますよ。ゆえあいしてる。
 前巻の時は書きませんでしたが、ゆえがコレットの魔法で記憶を失ったが故に、魔法の修練に疑問なく取り組む場面。 あの場面でこうぐっとこぶしを握り締めたくなるような高揚感がありました。持たざるものが持てるものへと変貌するその過程を描かれると、感情移入も強くなりますね。まあ私は初登場の頃ゆえゆえ言っていましたけど。ゆえあいしてる。えヴぁさまもあいしてる。


【YouTube】 URL末尾に「&fmt=22」で動画が超高画質に!
 これはガチ。各自必読のこと。すでにまとめ的な記事も出ています。今週中にはまとめwikiあたりができそうな勢いですね。
 youtubeといえばユーザー数こそあれど、画質ぼろぼろのイメージでした。そのデメリットがなくなることになります。全世界最多と思われる圧倒的なユーザー数、その地位はこれからもしばらく続きそうです。でもたまにニコニコいって、草生やしたり、テンプレコメントうったりするのもあれはあれで楽しいものですよ?


ミリオネアの凄い映像(Tomoさんの作品です)
 上の記事関連を見ていたときに、なつかしいのが出てきたので改めて。何度見てもこれは凄い。こういうことを言えるような人間になりたいものです。


国籍法衆院通過 法務委実質3時間、審議不十分の声
 これはちょっと危険な香りがする法律ですね。悪意を持って合理的にやれば、誰でも日本国籍を取得できることになってしまいます。もっと真剣に考えてください。


【姉は無い。】製作者達のロリコン魂が込められたエロゲ、『姪少女』
 呼ばれた気がしました(`・ω・´)


11/9

 気づけばこのblogも六万ヒット越えと相成りました。皆様どうもありがとうございます。世界樹2買ったりしました。


・イースオリジン クリアしました
 ユニカ編クリアしました。かわいらしい外見なのに、使う武器が斧。服も街娘のような感じでこれはポイント高いですね! 実はイースシリーズは噂程度でちゃんとやったことがなかったのです。やーこれは楽しいですねー。さすがシリーズが続くだけのことはあります。難易度的にもそれほど難しくもなく、きっちりパターン作ればクリアできる感じでした。機会があれば他のナンバリングタイトルもやってみたいと思います。


・世界樹2買ったよ! よ!
 我慢できなかったよ! それにしてもやはり世界樹は楽しい・・・。いやしかしですね。今回バグ多すぎませんか? ゲージを溜めてまで出す必殺技が機能しないとか、五番目にまで作った特定の職業の技が機能しなくなるとか。そんな致命的なもの以外にも、細かいものならもっとたくさんあるようですし。
 そこを差し引いても面白いなぁと思えるのはしょうがないねこれは。ちょっと難しめの難易度なんかもいい感じです。
 今は10Fまできて、これからボスに挑むところです。パラディン、ブシドー、レンジャー、メディック、ガンナーというオーソドックスPT。探索時はレンジャーが活躍して、戦闘はブシドーの火力とガンナーの属性アタックでこなし、ボス戦ではパラディンが守りを固めていく、という風に割り振ってます。バランスよく色々こなせるようにしたいと思ったのでこういう構成になりました。でもボス戦用に戦闘特化したPTとかもあった方がいいかなぁという気もします。それにドクトルとペットも使ってみたいですし。


・灼眼のシャナ 17巻 読みました。
 やっと最新刊が出ましたね! というわけで早速回収、読破。次回の戦いに向けて、それぞれの心情はいかに、という内容でした。まずは次回のアクションシーンに期待。吉田さんが強くなったなぁと思いました。それにしてもどんどんクライマックス感が強まっています。この先どうなるかが楽しみだぜ。


・マリア様が見てる 卒業前小景 読みました
 これいつの間に出たんだろう…。えーと、祥子様の代ももう卒業目前、それぞれの心情いかに、といった内容でした。あれさっきも似たようなこと書いたような…? 
 今回は瞳子のデレツン分は少なめで残念。スポットが卒業だからしょうがないですね。私的には蔦子さんと先輩達との話が結構好きです。最後に蔦子さんが言った一言でこっちが吹き出したちゅーねん。いやまあ確かに合ってるんですけどね。
 マリ見てはこの調子でずっと続いて欲しい感じがしますよね、萌えマンガとはベクトルの違うぬるま湯の心地よさとでも言ったらいいんでしょうか。そういうものをずっと味わいたいものです。


11/3

 文化の日、なれば日本が誇る文化であるゲームをやることこそがこの記念日にふさわしい! あ、大丈夫。まだ一応正気です。
 先週でGoW2とANUBISをクリアしました。アクションだからプレイ時間短いね! でも、「クリアするのは二日でも、製作には3年間かかる」と言われ、これからはどんなゲームであっても、それを作った人がいることを忘れないようにしたいと思います。
 開発者への敬意を表するための実践として、中古ソフトを買うのをやめようと思います。あれはショップに金がいっても、メーカーにはいきませんし。


・God of War 2
 GoW2はとりあえずNormalでクリア。相変わらずのクオリティで安心して、楽しんで、おもしろい時間を過ごしました。PS2の機能を使いこなしてる感じがものすごくします。なんのかんのいっても優秀なハードですよね、PS2。
 ストーリーのおもしろさや映像の美しさをいくら求めていても、それがゲームとしておもしろいかどうかは別問題です。某■のゲームを引き合いに出さずとも、この点は理解していただけるでしょう。企画する人間と開発する人間と使用する人間の間で、それぞれの意識に齟齬があるような気がしてなりません。
 GoW2シリーズはゲームとしてのおもしろさを追求し、その上で映像の美麗さを加えてきます。だから「楽しい」と、掛け値なしに言うことができるのだと思います。
 とまあ、あえて抽象的な言い方をしてみました。というか最近思うのです。ゲームのおもしろさを伝えるのは実際プレイしてる動画を見るのが一番なんじゃないか、と。というわけで、ゲームの内容自体はこのへんの動画をみるのがわかりやすいです。




・ANUBIS ZoE
 Normalモードでクリアしました。思っていたより操作する機体の挙動がスピーディーなのに驚きました。あとロックオンできる敵の多さにもびっくり。あれはいくつだろう、、、32かそれとも64? しかも1マップ内に表示された敵の数の多さにも驚愕。おそらく100以上あったから、、、124か256? どうやって処理しているのか気になります。
 エイダかわいいよエイダ。機体に搭載された制御用プログラムの名前がエイダ。一応ヒロインみたいのいましたけど、真のヒロインはエイダだと私は信じています。
 すごいよくできてるのに、あまり評価されてるようには思えませんねこれ…。こういう隠れた名作は、間違いなくたくさんありそうですし、どんどんプレイしていきたいですねぇ。