2/12 アルトネリコの感想

シークレットガーデン・石山氏、コミュニティ育成のノウハウを提示
 >お礼は葉っぱでよろしくてよ
 不覚にもわらた。何に笑ったってその言葉遣いがHITした。

『New スーパーマリオブラザーズ』ニンテンドーDSで最新作が遊べる!!

赤松健インタビュー@『季刊エス』第4号

プレイヤーから「手ごたえ」を奪うゲーム
 >見せ場を作るのがいけないのではなくて、見せ場がプレイヤーから手応えを奪うから問題なんです。

素直クールとクーデレの違い
 とりあえず
  みんなで萌えれば
     それでよし

桜咲刹那について - 番外編

2chの切ない系の名作がFlashコミックで読める「泣ける2chマガジン」
 やめて・・・、最近涙腺ゆるいんだからヤメテ・・・。




 ネタバレありません


 アルトネリコ第一章が終わりました~。聞くところによると三章までらしいから、ちょうど1/3進んだことになります。プレイ時間はちょうど10時間。つーことはクリアまで30時間ぐらいなのかな?カナ? 

 それにしても素晴らしいのは音楽です。ボスの音楽が流れたときは奮えました。オープニングの謡う丘もいい感じですし。詳しく調べてないですが音楽は有名な方を使っているそうで、あのクオリティも納得なのだとか。


 それにしても酷いのは声優です。いえヒロインは素晴らしいのです。にゃっほーとういうい(?)ですし。
 気になるのは主人公の声。最初に聞いたときどうも声だけが上滑っていくような印象を受け、言葉がうすぺっらいと思ったのですが、それもそのはずこの方どうやらこれが初仕事っぽいです。この人ね。これは初めてでいきなり主人公とかあてがってしまう事務所が悪いのかと思います。最初のうちはもっと脇役からやらせてステップアップさせてあげればいいのに・・・。もちろん慣れてしまえばそれほど気に障ることもありません。


 ほかは別段普通のRPGです。それもあまり複雑ではないほうにカテゴライズされるかと思われます。戦闘は魔法を軸にすえて考えればそれほど難しいものもありませんでした。この先はわかりませんけどね。とにかく魔法を溜めてしかも魔法使いはひたすら守るっていうのがわかりやすいし、結構おもしろいのです。


 あとそれなんてエロゲ?と名高いですが。実はというか当然というか、それほどでもないですよ? まぁどう考えても股間の紳士を意識させずにいられない台詞も少々ありますが。
 それよりもギャルゲっぽいところがなきにしも非ず。ヒロインの個性の源泉に触れたり成長の過程に共感したりといった部分が、システム面で補助されています。そのおかげでキャラクタに対する思い入れがしやすいようになっています。


 そしてアトリエシリーズのアイテム関連の感覚も入れられてます。材料集めて合成してラララ~みたいな。やったことないので知りませんが。
 敵が落とすのはほぼ材料だけです。合成して回復薬作りつつ特攻とかできます。さらにレシピを選べば勝手に作ってくれるのであれやこれや悩まずに済みます。
 ヒロインの魔法は攻撃に使うことが多いので、回復はアイテムになりがちです。そこで強い魔法を溜めて溜めて溜めておきつつ、前衛はアイテムで凌ぎつつ敵の体力を削る。そこで巨大な一撃をガツンとやるっていうのが爽快。


 少しでも興味が湧いたなら買ってしまって問題ない一本です。サントラも買おうかな~。


 <参考>
アルトネリコ 世界の終わりで謳い続ける少女公式ページ
Amazon.co.jp―アルトネリコ 世界の終わりで謳い続ける少女

トラックバック

http://moekokoromoe.blog28.fc2.com/tb.php/120-ddf156f0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アルトネリコ | みぶきの日記 (2007-05-26 07:35)
アルトネリコ『アルトネリコ』(Ar tonelico)は、コンピュータゲーム、アニメ、漫画などにて展開されるメディアミックス作品。正式タイトルはゲームおよびアニメ版が『アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女』、漫画版は『Ar tonelico -arpeggio-』。