10/15 酒の肴にエロゲーを

 何を隠そう私はエロゲーを嗜む人です。昨今の社会においてはエロゲーは青少年に悪影響を与えるというのが大方共通した意見なっています。

もちろん、エロゲーをやった人間が自分も同じことをやってみたいと考え犯罪を起こすのも決してないわけではありません。しかし、それはアクション映画を見た人が自分もやってみたいと思って銃を振り回してしまうのと大差ないレベルの問題です。

 
この「~~の影響を受けて」というコンテクストは今の社会ではエロゲー以外にも十二分にあてはまり、これだけでエロゲー自体を悪と決め付けるのは短絡的すぎるでしょう。

私はエロゲーやエロマンガというものは真の意味で大人である人にしか楽しめないものだと思います。現実をしっかり生きてこそエロゲーを楽しむ余裕が生まれます。確固たる自意識を持った人間こそエロゲーを単なるファンタジーとして楽しめるはずです。

 
そういう自負があるならば、秋の夜長にエロゲーをプレイしてみるのもいいかもしれません。夜になれば酒を傾けつつエロゲーを楽しむ、そんな洒落たことができる大人になりたいものです。


トラックバック

http://moekokoromoe.blog28.fc2.com/tb.php/15-792b9a89

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)