最澄と天台の国宝展

 昨日思いついたひらめきに従って最澄と天台の国宝展に行ってきたのです

 それほど仏像が大好きというわけでもないのですが、わりとおもしろかったでありますよ。

 教科書に載ってた両界曼荼羅や往生要集や不動明王黄不動の実物を見られたのは良かったです。意外と大きい薬師如来があったり、慶氏派の作っぽい毘沙門天のグゥレイトな感じにしびれたり。それにしても中尊寺にある密教の具物がほとんど国宝に指定されているのには驚きました。


 一通り見終わって、会場を出てみたら

博物館展示会



 並んでる・・・(;´Д`)

 まーGWだからさもありなんというところですね。これにぶつからずにすんでよかった・・・。


 その後はアメ横をぶらぶらと。あーいやこれには語弊が。

 人多すぎるからとぼとぼとしか進めません

 まーGWだから(略


 ぐだぐだになりつつアメ横を抜けた後は、ぐるっとまわってもう一度上野公園のほうへ。


 忍不池の横をふわふわと歩いてきました。

 そこっ! ふわふわしてたのは疲れてただけとか言わない!

 そういえばカモがいたりしたけど撮るの忘れた・・・orz


 そして最後に上野東照宮を見物。

 内部まで入れるようになっていて家康公ゆかりの品が展示してありました。

 そこにかかっていた御遺訓曰く

 「人の一生は重荷を負って遠き道を行くが如し、いそぐべからず。不自由を常と思えば不足なし。心にのぞみおこたらば困窮したる時を思い出すべし。堪忍は無事長久の基。怒は敵と思え。勝つことばかり知って負くる事を知らざれば、害、その身に至る。己を責めて人を責むるな。及ばざるは過ぎたるより勝れり。」

 歴史的に見て我慢の連続だった家康公だからこその重き言葉だと言えます。・・・というのはあまりにありがちなコメント。


 ならば! 私はその遙か斜め上に舞い上がってみせよう!

 「心にのぞみおこたらば困窮したる時を思い出すべし」は三次元がつらくなったら二次元を思い出せってことで
 「勝つことばかり知って負くる事を知らざれば、害、その身に至る」は、二次元ばっかにかまけてると三次元でしっぺ返しをくらうってこと
 家康公は未来のオタクの生き様をすでに描いていらっしゃったんだよ!


 ΩΩΩ Ω<な、なんだってー!!!



 ・・・もうそのまま宇宙とかへ飛んでいっちゃってくださいって感じですね、そうですね。


 そんなある日の春の一日

トラックバック

http://moekokoromoe.blog28.fc2.com/tb.php/200-09f00a43

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)