スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/20 灼眼のシャナ #3 レビュー

 
 火の粉散らす炎髪が綺麗ですね>挨拶
 
 biglobeの特設ページにて本編が配信されてるぞ!

 そして、早くもシャナのDVDが予約開始になった模様、気になる方は予約しとくと吉ですな


第三話 「トーチとフレイムヘイズ」


「だから今は私が平井ゆかり」
 平井ゆかりという存在に自らを割り込ませたシャナ。人が認識する平井ゆかりになったわけだから、普通の人から見たらやっぱり平井ゆかりなわけだ


「おまえ」「私に教えるつもりがあるならちゃんと勉強してから出直しなさい」
 もっと踏んで!(違 


「祇園精舎の鐘の声、盛者必衰の、とうっ!」
 これなんてドリフ?いきなり飛び降りた先生に笑いを禁じえません。


―メロンパンをほおばるシャナ―
 シャナはメロンパンのカリカリモフモフするところが好きらしい、愛してます(どさくさ


「でも私はご主人様の優しい御心をただ受け取るだけの私ではいたくありません」
 マリアンヌ可愛いよマリアンヌ、もう一家に一体マリアンヌの時代は近いね


「封絶したのは敵よ、向こうに言えば?」
 悠二がミステスである以上敵は必ずやってくる、何気なく過ごしていてしまった悠二の落ち度


「狩人フリアグネ、それが私の名だ」
 "狩人"の真名を持つ紅世の王、フリアグネの来襲


「じゃあおまえでも使う?」
 破壊された物の修復に自らの存在を使うことを願う悠二、自分の存在で他の何かを生かすということが悠二にとって自分は確かに存在したという証となった
 

「おだまりバカマルコ」
 岩田光男ボイスのマルコシアス降臨。ほんとにいい味だしてるわ


 <参考リンク>
灼眼のシャナ公式ページ
amazon.co.jp―灼眼のシャナDVD(1)


トラックバック

http://moekokoromoe.blog28.fc2.com/tb.php/21-88b48c82

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)