11/18 ARIA The ANIMATION #7 レビュー

 連ザにかまけていたせいで遅れたわけじゃナイデスヨ?


「第七話 その 素敵なお仕事を・・・」


「これぞ必殺客いじり」
 指を鳴らすだけで二輪の花を取り寄せるアキラさんが素敵すぎる。


「ご自分の目でネオベネチアを楽しまれてはいかがですか?」
 つーか、こういう人結構多いんじゃない? 事前に準備するときに本を読んであれしたいこれしたいを考えるその意気やよし。でもそれを現地にまで引っ張っちゃ楽しめないでしょう。と言ってみる旅行なんてしない人


「ネオヴェネチアには目立たないけれど素敵なもの心洗われるものがたくさんあるんですよ、だんな様と似ているかもしれませんね」
 恥ずかしいs(ry いやしかし、その場に相応しい台詞をスラっと言えるのも一流の証、か・・・。


「愛想がいいのは営業中だけです」
 衝撃!旅行者は見た!(ぇ しかし、優しい言葉をかけなくとも向ける想いは優しいそれがアキラさんという人物である。


「つか、のろすぎだろ!」
 灯里は緊張すると極端にのろくなるらしい。なら、最初から逆漕ぎならいいんじゃね?(だめです


「おまえはついスピードを出しすぎる!」
 藍華はその逆らしい。そしてゴンドラに速度制限があることも判明。あの様子だと結構細かく規定されてるっぽいな。


「だが、今のような小さな声じゃ角の向こうの舟には届かないぞ」
 アリスは操作はぴか一だがそれ以外はまだまだといった感じ。経験のせいもあるだろうけれれど、本人の内面によるところが大きい。まぁ、明るくハキハキしたアリスっていうのは、アリスじゃない気もしなくはないが。


「訓練に口出し無用、終わるまで黙って待っててくれ」
 正直このとき背中に「漢」の文字が見えた。今更だが、CV皆川順子。ぁぁ・・・激しく納得(ぇ


「本気でがんばって反省してる人を叱っても、無意味っしょ」
 うわべだけ飾り立てた優しい言葉ではなく、向ける想いに優しさを含ませる。こういう大人にワタシハナリタイ。


「厳しいのは後輩達のことを、本当に心配してるからだと思うんだ」
 本当に気にかけているからこそ檄も飛ばすし、怒ったりもする。アキラさんはきっと「違いがわかる男」なんだ(それが違


―今日のアリスたん―(´д`* )
「でっかい厳しいですから」
「でっかいわくわくどきどきですね」
「でっかい予想外です」


 <参考リンク>
ARIA The ANIMATION公式ページ

トラックバック

http://moekokoromoe.blog28.fc2.com/tb.php/46-1d93a539

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)