スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/12

 DS世界中の迷宮をついにげっとぉぉぉ!!! おそらく二次ロット品でしょうか。何気なく行った家電量販店においてあったのだから侮れません。というわけで、冒険に出かけるので縮小更新で!


芥川龍之介『杜子春』 朗読:大塚明夫

オタクの地域格差

2006年電波ソング大賞決定!

コロコロ漫画のアシスタントがドラえもん同人の偽最終回に激怒
 感情的な文章は書かないように気をようと思いました(そこですか

トラックバック

http://moekokoromoe.blog28.fc2.com/tb.php/468-4d00d12e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

杜子春 | ゆづきの日記 (2007-07-25 05:25)
杜子春『杜子春』(とししゅん)は芥川龍之介が1920年(大正9年)に雑誌「赤い鳥」に発表した子供向けの短編小説であり、その主人公の名前でもある。原作は中国の古典、鄭還古の杜子春伝である。あらすじある春の日暮れ、洛陽の西門の下に杜子春という若者