6/3 大回顧展モネ

モネ展


 国立新美術館で行われているMONET 大回顧展モネに行ってきました。
 モネといえば印象派の第一人者的存在なのかなと私は思っています。写真のように風景を写し取るのではなく、風景から受けたイメージ、つまり印象を絵にしているように感じられます。
 明るい日差しの中でのまったり感が手に取るようにわかります。水面に反射してるゆらいでいる像の表現は緻密なようで大胆。近づいてみると色の塊でしかないのに、離れれば離れるほど一つの風景として見えます。まさに印象。
 かなりの親日家だったようで、かなり多くの日本人と交流していたようです。作品にも日本の浮世絵に影響を受けたものもあるみたいですね。
 そうやって色々試行錯誤してみたことを一つのモチーフを使ってあれこれ試したのが、例の睡蓮を描いた作品群というわけです。

トラックバック

http://moekokoromoe.blog28.fc2.com/tb.php/575-c2e55625

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)