シムシティがおもしろい話

シムシティがおもしろいのでかく。結構長いと思う。
ていうか書いてから見返したら驚くほど長い。

Orginでシムシティを買った。

シムシティと言えば、街を作るあれです。
昔シムシティ2000だったかな、友だちの家でみて、これなにするゲーム?と聞いたような気がします。ぱっと見てよくわからないよね。しかも小学生には難しかった。その友だちが言うには、だいたい財政破綻してしまい1マップを使い切るところまでいったことがないって。私はそれを借りて、自分でプレイしました。何度も破綻させていたが、ついにあるとき、1マップを隅から隅まで使った都市を作ったのです。大いに満足して、私はソフトを返しました。あと空港のマス置いたのになんでできないのかなーと思ってたら、ある程度大きいスペースじゃないと空港にはならないと後年気づいたり。

私が知ってるシムシティと言えばそれくらいのものです。

それなのになぜいまさらシムシティなのか自分でもよくわかりません。最新作が出るならちょうどいいからやってみようと思っんですかね。ただ、思ったときには負荷でサーバーと接続できないからプレイ出来ませんみたいな情報も一緒に入ってきた。なるほど、シムシティもソーシャルになったというわけですか。

んでまあしばらくおいてから、OrginでDL購入したわけですよ。ところでoriginもsteamも最高ですね。欲しいと思った瞬間に買えてすぐプレイできる。だいたい私は紙の箱と円盤が欲しいわけじゃなくて、楽しいゲームをプレイしたいだけですもの。それ以外のことは全て余計なもので邪魔なんですよ。でも最近面白いゲームはメインは英語ばかりで、ゲームを快適にプレイするためにも英語が必要な時代になったんだなーとか思ったりしつつ。skyrimはまじ最高だ。あの冒険してる感は初めてドラクエをプレイしたとき以来のね、あれなんの話だっけ。

ああんで、シムシティですが。面白いんだこれが。確かに最初はとっつきにくいです。自由なゲームにありがちな、何したらいいの感。まあとりあえずチュートリアルやれば流れはわかりますよ。道路作ってー、地区をおいてー、電気とおしてー、水道とおしてー。それだけやればとりあえず人はきてくれる。

そしたらどんどん都市を大きくしていくわけです。で、人が増えると問題も増えてくる。やれ火事だ。やれ病人だ。やれ犯罪だ。消防つくってー、病院つくってー、警察つくってーと対応していくわけです。そうして住民の満足度が上がると、一軒家だったのが、アパートになって、アパートだったのがマンションに、マンションだったのが高層マンションになる。工場もビジネス街も進化してく。こうなればしめたもので。それに伴って住民の所得も増えているので、税収もあがるというわけです。あとは列車か船か飛行機を自分で敷いて、都市内で使い切れない貨物や資源は輸出してしまえばいいのです。輸送機関は観光客だって連れてきてくれる。もちろんその都市が魅力的であれば、ですが。

で、今回は、都市の特性を特化させることができます。石炭と金属の採掘ならまかせろーとか、石油王におれはなる!とか、テレビこそ第4の権力だ!とか、安く買って高く売ればいいんだ!とか、ベガスいこうぜベガスとか。そんな感じの。なんかちがうけどだいたい合ってます。そういうふうに都市の特色をうちだしていけます。

んでさらに、今回は都市同士を連携させて、偉業をなしとげることができます。巨大ソーラーパネルシステムとか、宇宙センターとか、国際空港とか、なんかそういうすごそうなやつ。これには特化させた都市の資源が必要になるので、1都市だけではできないというわけです。


ていう概要を押さえて、とりあずプレイしたんですよ。あ、今まで前置きね。
3都市のマップを選んでとりあえず始めました。


1つめの都市。道路ひいてー、住宅おいてー。んで、電気。電気ね、石炭採掘する予定だからそれを使えるように石炭発電にしようかとも思ったんですが、ここは安定の石油。あと水道。そして下水。とりあえずOKですよ。人が住み着き始めます。職場が必要だと言われるので、工場おきます。買い物したいというので商店おきます。人がどんどん増えていきます。火事がひどいので消防おきます。病人だらけなので病院おきます。犯罪者増えたので警察おきます。満足度が上がるので、人が増えて税収増えます。増えた資金でまた拡張します。
そうやって全体まで行き渡ったあたりで、電気が足りなくなったんですよ。なので、発電所を追加しようと思いました。風力か、石炭か、石油か、太陽電池か、原子力があるんです。ずいぶん極端です。水力とかガスとかどこいっちゃったのか。それはおいといて。今後人口増えたら電力が逼迫するのはわかってますからね。一番パワーのある原子力をおきました。それで色々進めてたんですけどね。
突然メルトダウンしました。付近一体が放射能汚染で人は住めなくなりました。これはひどい。なんか原子力発電所を維持するには、教育を受けた労働者が必要だったらしいんですがね。よくみたらこの都市学校ないんですよ。そりゃメルトダウンもするわな。これで一気に破綻しかけましたけどね、普通ならリセットでしょう。でもやり直したりはしませんよ。これは天が与えた試練に違いありません。これをくぐりぬけたとき私はまた1つ偉大な市長に近づくでしょうわかりますよ。
というわけで学校おきました。高校もおいて、コミュニティカレッジおいて、そのうち認可がおりたので大学おきました。したら、大学で研究開発があるんですね。へーと思ってソーラーシステムやろうとしたけどお金足りなくて。取り回せる資金より二桁くらい高いんですよ。ソーラーやばいまじやばい。とりあえずできそうな太陽電池の進化版の研究をさせました。あとから気づいたけど太陽電池は場所をとるので使いづらいです。研究意味ない。
んでそのあたりで、このソーラーシステムを作るのをやってみたいなーと思いまして。これにはプラスチックと合金とプロセッサーがいるんです。それをつくるには電子機器特化の都市と、採掘の都市が少なくとも必要です。なのでまず電子機器の工場を作ります。これにはプロセッサ工場をおいて、教育を受けた労働者にそこで働いてもらう必要があります。大学たてましたので、教育を受けた労働者はいます。でもプロセッサの原料に、合金が必要なんですよ。合金はない。採掘して加工しないといけない。ここからそっちに方向修正するのは難しそうだったので、諦めて原料は輸入しようと思いました。でもこのへんから資金繰りが辛くなってきまして。教育を受けた労働者でハイテク工場を作って税収を増やそうと画策したんですけどね。間に合わずに財政破綻しちゃったんですよ。メルトダウン以降人口が伸び悩んでましたし。物理的に使える場所も減っちゃいましたし。んでここらへんで一旦別の都市をやりました。そっちで資金を作って送りつけるつもりです。この時点ですでに6,7時間くらいプレイしてたかな?

2つめの都市。
新しい都市では、1つ目の都市に送るための労働者と、資金が必要でした。あ、ここから1つめの都市のこと工場都市って呼びますね。2回めなので序盤はさくっとすすめていきます。労働は工場都市頼みで、住宅とビジネス街を多めに広げていきます。メッセージを見ると想定通りに工場都市に働きにいっているようです。ようしいい子だ。あと工場都市では達成できていなかった、交通局を市役所に増設。これで駅や港が使えるようになります。通勤に使ってくれるに違いないと閃いてさっそく駅を設置。ふと思い返すと、工場都市には駅ありませんでした。意味なし。気を落とさずに海があるので港設置。やったこれで船が発着できる! で、この船どこからきてどこへいくのでしょう。全然学んでいないぞこの市長。でも貨物の払出しができるようになったのが救いです。駅と港で人の流動性があがったのか、資金と人口は順調に増えました。勢いで市営空港も作ります。だからこの飛行機は何しにきて何を持ってくんだっての!これも貨物を以下略 それで空港の説明を見ていたら、観光客を連れてくるとかいてあるんですね。なるほど、観光客。外からきた人にお金を落としてもらうのは確実に儲かる方法ですね。んでなにか観光名所を置こうと思いまして。イベント会場みたいなやつを起きました。これをクリックするとイベント開催できるのね。こりゃすごい。
んで、何か適当に選んで開催させたんです。あと、人がきやすいように、道路を整備して、路面電車しいて、バスの本数を増やしました。そしたらね、すごい儲かった。その時の全資産と同じくらいの利益が入りまして。いきなり倍だよなにこれすごい。これで一気にテンション上がったので。イベントスタジアムみたいなやつをさらに追加。ついでにギャンブル場も追加。人が増えてゴミが増えたので処理場を強化。んでギャンブル場で増えるのは低所得層の人口なんですね。微妙にひどいと思いつつ、その増えた人口が工場都市に行ってくれることを期待します。このあたりで資金に余裕ができたので送りつける。ところでソーシャルゲームはギャンブルに入るんですかね。これで当初の目標はだいたい達しました。この都市を観光都市と呼びましょう。再び工場都市に戻ります。


再び工場都市へ。
さて戻って来ました工場都市。メルトダウンした地域は永久に汚染がぬけません。永久ってひどくね?現実では時間がたてばよくなっていくんですよ!? 万年単位かかりますけど! まあそれはおいといても、それのせいか病気の人が増えて診療所では力不足。いくら資金を受け取ったとはいえ総合病院を維持する金額が手に入るか微妙。とりあえず保留。んで得た資金で、中途半端にビジネス街になっている地区をぶち壊し工場地区におきかえる。そう。この都市は教育をうけた労働者が多いので、ハイテク工場で埋め尽くしてやろうという魂胆です。ここでプロセッサを作るのです。それで建てたら建てたで資源がなくて操業できませんとか言われて。なんじゃそらと思ったら、プロセッサ作るのになんか合金とかいるらしいんですよ。合金は鉱石と石炭を掘って精錬すると作れます。また鉱山かと思いつつ。なら輸入するかと思ったら、資金が足りない。またやってしまいました。まあでもこのへんまでくると偉業とかなんかどうでもよくなってきてまして。とりあえず私がやりたいようにやってみようという感じになったりしています。とりあえずプロセッサ工場は市長権限で建てた瞬間に操業停止です。わりとひどい。それ以外にもいろいろ工場を作ったはいいんですけど、なんか買い物する場所がないという不満が上がりまして。そら住宅と工場しかないからな。ていうか自宅と職場を往復する毎日が嫌と申したか。何が不満なんだ市長のリアル生活はそうしてんだぞ(半ギレ。ビジネス地区があると、みんなそこで買い物したりするようになります。で買い物するとみんな満足するんです。ああこれが現代消費社会の縮図なのか、、、というわけでビジネス特化の3つ目の都市を作ろうと思います。

3つめの都市へ。
商店地区をたくさんおいて、ビジネス街にするのが目標です。ここには海も線路もあるので、輸出が捗るに違いないです。早速道路を引いて、住宅おきます。電気と水道は両都市から購入します。今回は気分を変えて放射状に道路を配置。資金ができたら駅と港も配置。外から着やすいように公共交通機関に力を入れます。人口データをみつつ、住宅と工場を最小限にしていきます。住人の倍くらいの労働者と買い物客が外から入ってきてるっぽい。想定通りだやったね。ただ、高所得者がたくさんきてるらしいけど、売ってるものが低所得者向けらしいのでだめだー、みたいなメッセージが出ます。高所得者向けの建物にするには地価を上げればいいらしい。地価を上げるには公園をおけばいいと説明に書いてあったので早速実行。地価マップを見ると地価を上げる要因になる建物がわかります。へー、市役所とか公共機関は地価を上げるのか。地価の高低が色分けされて見えるので、住宅地区とビジネス地区が高くなるように公園を配置。これで高所得者向けの建物がたくさんできて、人が増えて、税収が捗るやったね。

と、このへんまでを買ってからの2日ほどで一気にやりました。今度はソロプレイじゃなくてマルチプレイもやりたいですねー。まあこれ書いた時にはもうやってますがね。この脳内最大瞬間風速が一気に振りきれる感じはひさびさで楽しかったです。マルチプレイ時の合金はまかせろー。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moekokoromoe.blog28.fc2.com/tb.php/871-8c9e2d22

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)