スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 ラファエロ展 大神社展にいった

ラファエロ展 国立西洋美術館
http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/raffaello2013.html

国宝 大神社展
http://daijinja.jp/highlight/index.html


に行って来ました。
1日で2箇所はしご。結構しんどいですね。


・ラファエロ展
ゲオルギウスと竜
 帰ってきてから伝承調べましたけど。結構酷いですね。そこは竜を退治したゲオルギウスの偉大さに心打たれた異教徒がキリスト教に改宗したのであった。みたいなオチの方が綺麗だと思うんですが、、、
あと殉教のくだり。神の加護で拷問を無事に過ごしても、最後斬首されちゃってるじゃないですか・・・。なぜそこで助けてやらん。

大公と聖母
 黒い背景に浮かび上がる聖母子。これは威力ありますねー。と思ったらどうも背景は後世になってから手を加えられたようです。なるほどそういうこともするんですね。これの持ち主だった大公は旅行中?も一緒に持ち歩いていたほど大切にしていたそうです。

マルカントニオの版画
 ラファエロは自分の絵を版画にさせて、がんがん売っていたそうです。フィレンツェからローマにうつり、バチカン宮殿の壁画などを手がけたことで名を上げ、自分の版画を売らせて経済的にも力をもっていたのかもしれません。でも自前の工房とか作るのに使ってたんでしょうね。



・大神社展
七支刀
 これ歴史の教科書でみたことある!と最初になったのがこれでした。新羅から送られたもののようです。あの形状ですので刀剣としてはお察しで儀礼用ですよね。厨二的には、秘められた神通力みたいなものに価値があるタイプの兵器だと考えます。


 ご神体が山や自然そのものである神社とかもありますが、ほとんどは鏡らしいですね。寺ならご本尊の仏像に相応するものでしょうか。だから神社の宝物にやたら鏡が多かったり、奉納されるものに鏡が多かったりとかするようです。

神像
 神様の像って言われても正直ピンときません。造形はわりと決まってない感じがします。それでも時が経るなかである程度の決まった形をとるようになっていったようです。なぜそうなっていったのか?っていうのはちょっと気になりますね。







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moekokoromoe.blog28.fc2.com/tb.php/872-01425c10

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)