スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9・10・11・12月にやってたゲーム

9月
・メタルギアソリッド5
 なんか色々言われているけど私は普通にアクションゲームとして楽しめた。メタルギアサーガの中での整合性みたいなの考えだすと大変だし、私はそんなに興味ない。アクションステルスゲームなんだからそれがちゃんと遊べればよくて、事実そういう部分に関してはとてもよくできていた。ダンボールで移動していたら、HQにダンボールが動いていると報告した兵士が怒られるの面白かった。そらそーだ。でも2回めはちゃんと確認しにくる。えらい。今まで先入先は建物内であることが多かったからスナイパーライフルが無意味であることが多かったが、今回は野外だしかなりスナイパーっぽいこともできて非常に面白かった。戦車がたくさんくるのを守りぬくミッションでは何度もやり直した覚えがある。あれは難しかった。出現位置を覚えて先んじて大破させることでクリアした気がする。侵入したりされたりするのは少しやったけど思ったより難してあまり楽しさがわからなかった。なのでほとんどやっていない。


10月
・風来のシレン月影村の怪物Android版
 出たの結構前だったようだが知らなかったのでいまさらやっていた。ターン制で中弾できるローグライクはスマホアプリと非常に相性がいいと思う。朝の電車で厳しい場面にでくわしたのをおいておいて、長考の挙句に帰りの電車で続きをやるというのも可能。結局失敗して3秒で今までの冒険が白紙になってしまうあたり、これが不思議のダンジョンってやつの醍醐味さ!!!みたいな負け惜しみを言いたくなる。


・ラストオブアス
 サバゲクラスタの人たちがポストアポカリプスの名作ゲーとしてあげていたので気になってやった。PS4のリマスター版。すごい思い白かった。確かに名作。ストーリーが一本だと気づかなくてクライマックスの病院で右往左往してしまった。


・MineCraft
 Cogs of Machine、ArsMagicaを使った。歯車を使ったローレベルなビジュアルは、マインクラフトの世界観とそこそこマッチングしていて悪くなかった。私が工業Mod入れるとき、だいたい鉄を倍増させるのに使ってあとはあんまやらないことが多い。魔法Modは素材用意するのが大変な割に効果は薄い。でもスキルツリーの後ろの方にはかなりチートっぽい能力もあるようなので、そこまでいくのには相応の手間をかけろという具合なのだろう。結局めんどくさくなってちょろっとさわりをやっただけで飽きてしまった。あまり凝ったModは私には向いていないようだ。


11月
・ウィッチャー3
 前にやって放置していたのだが、何かのきっかけで再開した。ノヴィグラドに行く前にやめてしまっていたんだけど、ノヴィグラドに行ってからが本番!みたいなの聞き及んでサブクエほっぽりだしていきなりノヴィグラドに行った。そうしたら確かに面白くて、ウィッチャーはこういうゲームだったかーというのがわかってよかった。でも操作性が悪いのは本当にだめだと思う。というか私は勘違いしていたが、これはアクションゲームではなくてRPGなのだということだ。例えば戦闘はアクションでどうこうするのではなく、相応しいパラメーターをしっかり準備するということが最も大事だった。それで世界を楽しむ。そういうゲームだ。そうやってプレイすれば非常に楽しかった。森の貴婦人のあたりはの雰囲気やBGMとも相まって最高の感じだった。


・BO3
 田舎に出張していて母艦のPCを触れないのでPS4を持ち込んでいた。それでプレイできた。シングルはいつものCoDという感じで普通に楽しめた。CoDAWでがっかりしたマルチだったが、BO3ではちゃんと歩兵戦ができてよかった。飛び跳ねて火力どーんみたいなのはBFでお腹いっぱいなので、ちゃんと歩兵戦をやらせて欲しいと願っている。


12月
・モンスタハンタークロス
 前評判ではモンハンはしんだ!それはゴッドイーターでやれ!みたいな感じだったが、蓋をあけてみれば案外いつもと変わらずにモンハンなので大変よかった。今までいつも槍一筋でプレイしていたので、今回は武器を絞らずにいろんな武器を使ってやることにした。4で具合の良くなった片手剣、双剣、ハンマー、斧剣、弓そのあたりを交互に使ってとにかく楽しんでやることにしていた。モンスターに合わせてやりやすい武器を選ぶというロックマン方式で進めていった。おかげでかなり楽しめた。


・Fallout4
 2015年最高のゲームといって差し支えない。ゲームに興味ある人間はみな等しくプレイするべき。前作はFPSかと思ってたが全然違くてかなりストレスだったが、今回はちゃんと撃てば当たるようになっていたので楽しくやれた。と思って評判みたらこれはRPGであってFPSではないらしいそうだったのかー。操作性に関しては洋ゲーのおおざっぱさが結構あるんだけど、彼らのことだから解消されるのは時間の問題だろうと思う。クラフトといってるけど言うほどクラフトじゃないのでいい加減ああいうのをクラフティングと呼称するのはやめて欲しいとおもう。レシピ通りに素材を集めるだけのゲームは断じてクラフティングではない。ただまあ他に呼びようもないのはわかる。でまあそのクラフティングだけど、ちゃんとゲーム内の要素に関わってくるのがよかった。資材とか集めてきて資金源にできる、ああいう実利があるタイプの仕組みならちゃんと取り組もうと思うモチベーションになりうるし。まあそういうのめんどくさい人もいると思うので、そこらへんのバランスは難しいなと思った。ちゃんとねりこまれたものであるならば私は好きだ。





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moekokoromoe.blog28.fc2.com/tb.php/887-1173bca9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)